慢性疲労・肩こり外来

ストレス社会の現代において、疲れ、肩こりは慢性化している方が多く、休んでも疲れがとれない方や、肩こりや腰痛を常時抱えている方も多いと思います。当院では、検査では異常を認めないにも関わらず、原因がわからない疲れや慢性的な腰痛・肩こりでお悩み方の診療を行っています。

慢性疲労には

「副腎疲労症候群」という病態があるのをご存じでしょうか。「副腎」という臓器からストレスを軽減するためにコルチゾールという物質が体内に分泌され、私達の心身は守られています。

しかし、ストレスが多く、コルチゾールが過剰に分泌される状態が続くと、必要な時に十分な量を分泌することができなくなります。

保険診療で行われる検査では、この成分について検出されないため、診断がつかないまま経過観察をされたり、当のご本人も年齢によるものと諦めているケースも多いのではないでしょうか。

当院では「唾液コルチゾール検査」等で副腎疲労症候群の診断を行い、その結果によって患者さんのライフスタイルを改善指導するともに、サプリメントやビタミンC点滴等を用いて積極的に治療を行っています。

肩こり・腰痛には

主に鍼灸治療で使用する経穴=つぼにプラセンタの注射を行っています。必要に応じて、点滴療法やサプリメントの処方も行っています。

遅延型フードアレルギー検査

主な成分:
ヒト胎盤由来のエキス
適応:
更年期障害、慢性肝炎、アトピー性皮膚炎、気管支喘息、耳鳴り、めまい、腰痛、膝関節痛、肩こり、など。
料金(自費)
唾液コルチゾール検査:15,000円/1回
サプリメント代:4,800円~16,000円/月
高濃度ビタミンC点滴(防腐剤フリー):6,000円(必要に応じて)
通院回数/治療期間:
1~3ヶ月に1回/3ヶ月~1年
副作用・リスク:
高濃度ビタミンC点滴はナトリウム負荷となるため、心不全の方は事前にご相談ください。